留学生の愚痴~東京就職活動編~
 留学生活を終えて帰国、その後東京にて就職活動を展開中。留学後のとまどいや、憤り、日本の良さも痛感しつつ、日々の心の葛藤を暴露中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


本命一次面接、続き。

いよいよ会場に到着。
30分も前に到着してしまい、
面接官を待つことに。

私の次に来た人が、
とっても感じのいい人だったので
(感じ悪くても話しかけないと退屈で死にそうだったのだけど)
話かけました。

お互い知っている応募会社の情報を交換し、
かなり参考になる情報も得られ、
有意義な情報交換の時間となりました。

結局面接はグループ面接で、
なんと他の人も留学帰りばかり。

後で分かったのですが、
私達は、本当の面接に間に合わず、
渡航中ということで、
面接を要請したところ、
非常時だということで、
面接枠をもう一度設けてもらったのだと
いうことでした。

面接では、いろんな質問を受けましたが、
なんだか私だけ圧倒的に
個性が強いことに気づきました。
まあ、最初の話しかけた時点から
気づいていたのですが。

でも、面接官は
私の意見や考え方に
ひどく興味を覚えたらしく、
一生懸命きいてくれました。

他の人は、留学帰りのわりに
自分の意見がなく、
最後のディスカッションでは、
一人で、二人の意見を論破してしまいました。

私みたいに、自分の意見をはっきり言い過ぎる
女を敬遠する会社もいます。
私は前に勤めていた会社が非常に古く、
自分を偽らないと勤められないという事だけは
避けたかったのです。

だから、敢えて
自分を前面に出して、
偽らない個性を出しました。

それでよかったと思います。

結果はまだ返事待ちですが・・・。

ちなみに、帰りの夜行バスは台風に巻き込まれ、
暴風雨の中、帰宅となりました。

スポンサーサイト

帰国後、1週間で本命一次面接。

やってきました、本命の面接です。
しかも、関西からわざわざ東京に
面接を受けに上京してきました。

なんだか、カナダでケベックを旅行していたような、
ふらふら旅行気分で、東京行きの新幹線に乗り、
インターンで得た3ヶ月の就労経験を復習し、
推薦状と履歴書をかばんに忍ばせ、
いよいよ東京駅に到着です。

私がまずやったのは・・。


[続きを読む]



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。