留学生の愚痴~東京就職活動編~
 留学生活を終えて帰国、その後東京にて就職活動を展開中。留学後のとまどいや、憤り、日本の良さも痛感しつつ、日々の心の葛藤を暴露中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カナダからの帰国、驚きの国、ニッポン

9月2日、私は1年と8ヶ月を過ごしたカナダをあとにし、13時間飛行機にゆらゆらゆられ、腰が痛くなっていた。

隣の席は、とってもかわいい大学生っぽい女の子。私は窓際で彼女は真ん中、そして通路側にも大学生らしき男性。

そうか、まだ夏休みやもんなあ。話しかけたいなあ。

おもしろいから、外人のふりをしよう。

そう決めた私は、トイレに行く時も、話しかける時もすべて英語で通す。みんな普通に片言でもコミュニケーションとろうとしてくれて、結構楽しかった。中でも私が読んでた漫画の「スラムダンク、フランス語編」と「カレカノ、英語版」にすごく興味を持ったらしく、みせてほしいと言う。彼らは熱心に「へー」とかいいつつぺらぺらページをめくっていた。

彼らは、私が日本人と気づいたらきっと無視していただろう。

日本人の謎は、外国人だと話しかけようとするが、日本人だと話しかけようとしないこと。これ、かなり変です。普通逆ですが、留学生によくみられるパターン。語学磨くっていっても、自国の友人を大切にしない人、自国のプライドがない人は私は好きではありません。私は日本人と交流したい人なのだけど、無視されたこと数々。

関西空港につくと、モノレール??のおじさん、空港の案内のお姉さんが皆深々とお辞儀。モノレールが出発するまでお辞儀をしている。

この姿に痛く感動。あーやっぱり日本ってすごいこういうとこ、大切にしてほしい。通るたびにお辞儀されるなんて、ちょっとむずがゆいけど、痛く感動しました。

日本は不思議と謎だらけ。でも、私はこの国で生まれて、育ったことを誇りにしたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://sami22tanaka.blog35.fc2.com/tb.php/2-d0bad831
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。